埼玉県のインフルエンザ流行状況 第11週第11週(2014年3月10日~3月16日)

埼玉県のインフルエンザ流行状況です。
今週は、定点医療機関からインフルエンザ5,744人(定点当たり23.26)の報告がありました。


f0141246_11491383.gif


定点レベルで30以下なので警報レベルは解除されますが注意状況はまだ続きます。
かなり気温が上がってきていて来週も気温は暖かいようなのでこのまま下降すると思われます。

ただ、A型はH1N1の流行は下火になると思いますが、B型はまだ要注意です。
標準的な予防策は継続してくださいね。

それから埼玉県の保健所別のマップは金曜日が祝日のため国立感染症研究所にはアップされていませんでした。
週明けにはアップされると思われますのでその時にまたアップします。
# by yslcjp1995 | 2014-03-23 11:58 | インフルエンザ最新情報

埼玉県のインフルエンザ流行状況 第9週(2014年2月24日~3月2日)

埼玉県のインフルエンザの流行状況です。
今週は、定点医療機関からインフルエンザ7,547人(定点当たり30.07)の報告がありました。

f0141246_6384570.gif


先週より増加しています。

f0141246_639793.png


保健所マップみるとやはり雪の影響のあった秩父では大きく減少していますが、それ以外の地域は真っ赤な状態です。

寒さが続いているのでまだまだ流行継続する可能性があります。
引き続き標準的な予防策を続けましょう。

ワイズレディスクリニックのICT(感染症コントロールチーム)が推奨する標準的な予防策は

1.ワクチンの接種
2.手洗いの励行
3.うがいは帰ってからではなく人の居る場所に行ったらその場で行う。
4.人の集まる所には用がない限り出向かない。
5.外出時のマスクを忘れない。
6.部屋の加湿をする。
7.上着は室内に持ち込まない。
8.体調管理を行い良質な睡眠をとる。
# by yslcjp1995 | 2014-03-08 06:47 | インフルエンザ最新情報

埼玉県のインフルエンザ流行情報  第6週(2014年2月3日~2月9日)

埼玉県のインフルエンザ流行状況です。

第6週は、定点医療機関からインフルエンザ10,360人(定点当たり41.77)の報告がありました。
先週より下降しておりピークは過ぎたのかもしれません。

d0231873_23541423.gif


でも先日入院されたお母さんもインフルエンザの疑いがあり母子分離の必要がありました。
まだまだ下図のように秩父地域以外は県全体が警報レベル(定点当たり30以上)ですから十分な予防策を講じてください。

d0231873_23545685.png

# by yslcjp1995 | 2014-02-16 00:02 | インフルエンザ最新情報

H1N1型は健常者でも重症化します!

インフルエンザが現在全国的にピークを迎えて地域では減少している所もありますが埼玉は先週より増加傾向です。

今年はH1N1が数年ぶりに流行しています。

インフルエンザA(H1N1)pdm09 による生来健康小児の急性インフルエンザ脳症死亡例の報告―長野県

このケースは急性脳症を起こして救急要請からわずか2時間半で死に至っています。
Hemorrhagic shock with encephalopathy syndrome(HSE症候群)と呼ばれる状態に陥ったと考えられています。

ワクチンは未接種、最初に小児科受診ではインフルエンザ陰性のため抗ウィルス剤を処方されていませんでした。
もちろんワクチンで急性脳症が防げるというエビデンスは現時点ではありませんが、罹患しても症状を軽くしてくれることから予防効果は期待されます。
抗ウィルス剤の未投与も状況からは医師の正しい裁定内と考えられます。

A(H1N1)pdm09ウイルスによる急性脳症は以前の流行時にも大幅に増えており今季もその流行から急性脳症が増えると事が危惧されています。


http://www.nih.go.jp/niid/ja/flu-m/flutoppage/593-idsc/iasr-news/4365-pr4092.html
# by yslcjp1995 | 2014-02-14 21:53 | インフルエンザ最新情報

はしか(麻疹)の流行について

インフルエンザの流行時期ですが、「はしか」に関する気になる統計が出ています。

国立感染症研究所によると「2013年第48週~2014年第4週(2013年11月25日~2014年1月26日)に診断された麻しん(2014年2月3日現在)は61例であり、前年同時期の26例よりも倍増した。」とあります。

また「この間の都道府県別の報告数は京都府21例、愛知県8例、神奈川県7例、東京都5例、岡山県3例、埼玉県、千葉県、兵庫県、広島県、福岡県各2例、新潟県、静岡県、三重県、滋賀県、大阪府、山口県、宮崎県各1例であった。」とあります。西日本中心ですが全国的に流行の気配があります。

以下のサイトからです。

http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc/656-infectious-diseases/disease-based/ma/measles/idsc/idwr-topic/4359-idwrc-1404.html

「はしか」は成人がかかると重症化しやすいと言われ免疫低下のある妊婦では肺炎、心筋炎などの重症化が報告されているだけでなく、流早産の危険性がかなり高くなると言われています。
抗ウィルス剤などの治療法はないのて予防接種が重要になってきます。

また風疹同様春からが本格的な流行期に入ります。
妊娠を考えられている方は是非いちど麻疹の抗体価を調べておいて陰性ならワクチン接種(生ワクチンなので妊娠中の方は原則接種できません)をお勧めします。
# by yslcjp1995 | 2014-02-08 08:44 | 感染症最新情報


クリニック最新情報


by yslcjp1995

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

LINK

ブログパーツ

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

以前の記事

2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

カテゴリ

全体
クリニック最新情報
母乳育児はプライスレス
インフルエンザ最新情報
現在の面会状況
理事長のお勧め絵本
一般医療情報
感染症最新情報
未分類

タグ

(5)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

ブログジャンル

健康・医療

その他のジャンル

画像一覧