カテゴリ:感染症最新情報( 57 )

埼玉県でO157急増しています!

O157などの腸管出血性大腸菌感染症の患者が首都圏で急増しています。

東京都は昨年の2倍、埼玉は3.6倍です!

d0231873_17465841.jpg


乳幼児や高齢者がかかると重症化する危険が非常に高いのが特徴です。

予防法は3つです。
まず
1.石けんと流水でよく手を洗いましょう。
特に調理中はまめに洗うようにします。

2.また食べ物はよく加熱し、調理後は早めに食べるようにします。

3.調理器具と食品の保管と清潔の保持に注意が必要です。

以上をしっかりと励行して下さい。
by yslcjp1995 | 2014-07-07 17:50 | 感染症最新情報

麻疹(はしか)の流行に注意して下さい!

このブログでも4月にはしかの流行について注意喚起しました。

http://yslcjp1995.exblog.jp/20555067/

その後もはしかの報告は増えています。

NHKでもワクチンの必要性が放送されました。

http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/05/0515.html

はしかは感染力が強く、死亡率も他のウィルスよりも高いです。しかも妊婦さんが離間すると30%近い頻度で流早産が起こります!

妊婦さんにとっても注意が必要です。
by yslcjp1995 | 2014-07-02 07:49 | 感染症最新情報

ロタウィルスのワクチンは必要です!

先日のNHKでも取り上げられていましたが、
ロタウィルスの接種の有用性がわかりやすい報道です。

記事によると

『日本小児科学会の医師やNPOで作るグループが乳児に無料で接種する取り組みを、東日本大震災の被災地の大船渡市、陸前高田市、それに住田町で行ったところ、「ロタウイルス」による胃腸炎で入院する5歳未満のこどもの数が、震災前、人口1万人当たりおよそ100人だったのが20人以下にまで減った』ということです。

これによってお母さんの負担だけでなく医療機関の負担も大きく減ります。

是非無料化していただきたいのですが、その前に是非任意接種でも受けるようにして下さい。

記事はこちらからです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140419/k10013865531000.html
by yslcjp1995 | 2014-04-20 16:18 | 感染症最新情報

CRS(先天性風疹症候群)のTV番組です。

CRSは昨年風疹が大流行したために40名近い発症が報告されています。

軽微なCRSはこれから発達してわかるものもあるので今後も報告が増える可能性があります。

そんなCRSを出産された方の取材が関西のサンテレビで放映されました。
ぜひご覧ください。

そして今年は麻疹も流行の気配があります。
ぜひMRワクチン(麻疹・風疹ワクチン)や麻疹、風疹単独ワクチンの接種を
妊娠を考えている女性、そして20代から40代の男性にはぜひ接種していただきたいです。



by yslcjp1995 | 2014-04-13 10:29 | 感染症最新情報

恐れていた通り麻疹(はしか)の流行が起こっています。

昨年から輸入による地域的な集団感染の見られていた麻疹(はしか)。
麻しんは感染力が非常に強く、流行について危惧されていたのですが、
すでに昨年を上回るスピードで流行しています。

d0231873_1425749.png


埼玉県でも発生例が報告されています。

年齢別では、20代が23%を占めて最も多く、以下は1〜4歳が21%、30代が17%となっています。
ワクチン接種していないケースやしても抗体価が下がっているために感染するケースが多いようです。

感染経路は国内が約7割で、1月頃まではフィリピンなど海外での感染が目立っていましたが、次第に国内感染にシフトしており、輸入された麻しんウイルスが国内で広まっている可能性があるという。

風疹とは違い重症化すると生命に関わるケースもあり、重症化すると肺炎や脳炎で1000人に1人が死亡すると言われています。

今のうちに是非麻疹の抗体価を確認して無いようならワクチン接種を行いましょう。
この時に風疹抗体価も確認して場合によっては風疹・麻疹混合ワクチンを接種しましょう。
by yslcjp1995 | 2014-04-08 14:31 | 感染症最新情報

はしか(麻疹)の流行について

インフルエンザの流行時期ですが、「はしか」に関する気になる統計が出ています。

国立感染症研究所によると「2013年第48週~2014年第4週(2013年11月25日~2014年1月26日)に診断された麻しん(2014年2月3日現在)は61例であり、前年同時期の26例よりも倍増した。」とあります。

また「この間の都道府県別の報告数は京都府21例、愛知県8例、神奈川県7例、東京都5例、岡山県3例、埼玉県、千葉県、兵庫県、広島県、福岡県各2例、新潟県、静岡県、三重県、滋賀県、大阪府、山口県、宮崎県各1例であった。」とあります。西日本中心ですが全国的に流行の気配があります。

以下のサイトからです。

http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc/656-infectious-diseases/disease-based/ma/measles/idsc/idwr-topic/4359-idwrc-1404.html

「はしか」は成人がかかると重症化しやすいと言われ免疫低下のある妊婦では肺炎、心筋炎などの重症化が報告されているだけでなく、流早産の危険性がかなり高くなると言われています。
抗ウィルス剤などの治療法はないのて予防接種が重要になってきます。

また風疹同様春からが本格的な流行期に入ります。
妊娠を考えられている方は是非いちど麻疹の抗体価を調べておいて陰性ならワクチン接種(生ワクチンなので妊娠中の方は原則接種できません)をお勧めします。
by yslcjp1995 | 2014-02-08 08:44 | 感染症最新情報

ワクチンは重要です! 麻疹ワクチンも同じです。

f0141246_7373231.jpg


独立行政法人 国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター Disease Control and Prevention Center (DCC)からのレポートです。

1年半ほど前の事ですが、宮崎県内で麻疹の発生がありました。

麻疹は大した病気ではないという方もいます。
でも実際には死亡例も存在します。
これは2001年に福島の中学生はしかで死亡、修学旅行後、添乗員も入院という記事があります。

 福島県富岡町の富岡一中(堀川紘征校長)の三年生六人が四月下旬の修学旅行の後、
はしかの症状を訴え、男子生徒(14)一人が死亡していたことが十二日までに分かっ
た。学校は保護者に文書で注意を呼びかけた。
 富岡一中によると、修学旅行は四月二十四日から三日間で、三年生百一人が京都市な
どに行った。
 今月になって、男女六人が発熱などを訴え、はしかに感染していることが分かり、二
人が入院した。
 死亡した生徒は二日に富岡町内の病院で受診。その後も発熱が続き、別の病院ではし
かの疑いと診断され、点滴などを続けたが回復せず八日夜に入院。十日午前二時半ごろ
死亡した。死因は、はしかに起因する合併症という。
 福島県いわき市の旅行代理店によると、修学旅行に同行した同社の男性添乗員(28
)が旅行前から体調が悪く、いわき市内の病院で風邪と診断されていた。旅行初日は大
阪まで同行したが引き返し、二十六日に東京都内ではしかと診断され、入院。五月一日
に退院したという。
                                 [共同通信]

そういった事実も理解の上この先のエントリーをお読みください。

2012年の8月にタイに渡航歴のある方から9月末までに計8名の麻疹患者が発生し、
すべての患者からD8型麻疹ウイルス遺伝子を検出しています。

国内の遺伝子でないことから国外から輸入(変な表現ですが)されたものと診断されました。
感染経路も判明しています。

f0141246_7104220.gif


驚きなのは医療機関で交差しただけでも2名の発生があります。
麻疹は感染力が強いのが特徴ですが、それを裏付けるものです。
ワクチン接種者が少なければ感染の拡大が懸念されました。
ワクチンは自分だけでなく周囲の人も救います。
ワクチン接種の重要性がここにあります。

他のウィルスも飛沫感染や接触感染しますからやはり私達も含めて十分な対応が必要です。

妊婦さんでもこの時期、インフルエンザ、ノロウィルス感染の疑いのある方は来院を避けていただいています。
これは免疫的に弱者である妊婦さんや新生児を守るためです。
しかし中にはこういった対応について私達が批判されることもあります。
是非私達の思いを理解いただきご協力いただきたいと思います。

発熱や胃腸症状のある方は当院への受診は避け、まず内科で診断を受けるようにお願いします。

詳しいレポートはこちらからどうぞ。

http://www.nih.go.jp/niid/ja/iasr-sp/2248-related-articles/related-articles-396/3166-dj3965.html
by yslcjp1995 | 2014-01-27 07:40 | 感染症最新情報

ノロウィルスは症状が出ない保菌者が被害を広げます!

ノロウィルスによる集団感染が各地で報告されています。

記事にもあるとおり、『国立感染症研究所によると、12日までの1週間に全国約3000の小児科から報告されたノロウイルスなどを含む感染性胃腸炎の患者は、1医療機関当たり10.96人。同時期では過去10年間で2番目に多い。』のだそうです。

高齢者などは重症化しやすいので十分な予防策が必要ですが、別に症状がないから私は持っていないと思ったら大間違いです。

『国立感染症研究所の片山和彦室長は「感染しても症状が出ない人が、調理従事者の7%、国民全体では10~20人に1人はいる」と指摘しています。』

ノロウィルスは塩素系の消毒が効果的なので、1か月くらいはウィルスは生きているので
感染者の嘔吐物などは良く漂白剤などでふき取る必要があります。

ニュースソースはこちらからです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140125-00000017-jij-soci

この記事は理事長ブログから転載です。
by yslcjp1995 | 2014-01-26 09:27 | 感染症最新情報

RSウィルスが流行しています!

RSウィルスは冬に流行する呼吸器感染症の一つです。

大人は問題ありませんが子供は重篤な呼吸器障害を起こすこともあります。

今年はすでにインフルエンザB型による学級閉鎖もあり、
冬のウィルス疾患が早めに流行しそうな感じです。
冬は寒くなるそうなので特にインフルエンザやRSウィルスは活発になります。

他のウィルス同様標準的な予防策、手洗いやうがいを徹底しましょう。

こちらの記事も参照ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130924-00000001-cbn-soci
by yslcjp1995 | 2013-09-25 20:53 | 感染症最新情報

先天性風疹症候群についての国際感染症研究所のレポートがあります。

IDWR 2013年第35号<注目すべき感染症>として先天性風疹症候群(CRS)が取り上げられています。

この中で、『2005~2011年まで、CRSの報告は年0~2例で推移していた。2012年には5例、2013年第35週(2013年9月4日現在)までには13例の計18例が報告されている』とあります。

これは日本が感染症に対して先進国であるなら非常に深刻な状況と言えます。
風疹は春から夏にかけて流行します。
このままの状態が変わらなければ東京オリンピックすら危ぶまれる状況になりかねません。
18例の報告1覧がこちらです。

d0231873_6183129.gif


この中でも感染経路が不明なものがあります。
これが風疹で問題になる不顕性感染(症状が出ないで感染している状態で本人も周囲も感染の自覚は無く排菌だけしている状態)風疹では不顕性感染が約15~30%程度あると言われています。
つまり周囲の人が氣がつかず妊婦に風疹ウィルスに感染させたり、
妊婦が風疹ウイルス感染に気付かずに経過している場合が起こるのです。

出来ることはただ一つ。

抗体のない方はワクチンを接種する。

ただそれだけです。

レポートはこちらです。

http://www.nih.go.jp/niid/ja/rubella-m-111/rubella-idwrc/3919-idwrc-1335.html
by yslcjp1995 | 2013-09-21 06:53 | 感染症最新情報


クリニック最新情報


by yslcjp1995

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

LINK

ブログパーツ

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

以前の記事

2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

カテゴリ

全体
クリニック最新情報
母乳育児はプライスレス
インフルエンザ最新情報
現在の面会状況
理事長のお勧め絵本
一般医療情報
感染症最新情報
未分類

タグ

(5)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

ブログジャンル

健康・医療

その他のジャンル

画像一覧